テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
木の国熊野からの発信 : 「森林交付税構想」の波紋
重栖隆著
-- 中央公論社 , 1997 , v, 238p. -- (中公新書 ; 1366)
ISBN : 新<9784121013668> , 旧<4121013662>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
記紀の時代から木の神イタケルが鎮座する「木の国」とされ、森の神スサノオゆかりの「神々の地」とされた紀州熊野は近年まで、圧倒的な自然の中で、森の恵みによってのみ生きる暮らしを続けてきた。
今、森の荒廃と過疎にあえぐ全国の山村に野火のごとく広がる「森林交付税構想」は、この危機を超克する新しい論理として熊野の中核・本宮で生まれた。
本書は本宮の一山村を通してみた熊野の風土と人間、その復活をルポルタージュする。
第1章 神々の森と人々の暮らし
第2章 山村集落「野竹」の崩壊
第3章 森林交付税構想
第4章 復活する熊野—過疎山村復興の新しい力
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP