テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
経済交渉と人権 : 欧州復興開発銀行の現場から
山根裕子著
-- 中央公論社 , 1997 , iv, 280p. -- (中公新書 ; 1393)
ISBN : 新<9784121013934> , 旧<412101393X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
欧州復興開発銀行。
それは東欧やソ連の市場経済移行を援助する目的で設立された。
その融資条件のひとつでもあった人権尊重。
著者は初代総裁の顧問として融資対象国の人権問題調査にあたる。
市場経済への移行過程で見えてきたものは?
東欧で、ロシアで、中央アジアで、冷戦後の新秩序をかけて熾烈な交渉が始まった。
その手段でもあった人権の意外な意味。
その根底にあるものはなにか?
人権をめぐる国際交渉の伝統をさぐる。
第1章 欧州開銀設立(東西ヨーロッパの出会うロンドン;市場経済への移行の政治的側面)
第2章 秩序としての人権
第3章 民族、市民、人権(ことの発端;二つの大戦後の解決方法;市民権問題のゆくえ)
第4章 中央アジアと人権(中央アジアの国々;アジア、ウズベキスタンと人権;アメリカ、ウズベキスタン、人権)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP