テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
企業年金危機 : 信頼回復と再生に向けて
河村健吉著
-- 中央公論新社 , 1999 , iii, 210p. -- (中公新書 ; 1485)
ISBN : 新<9784121014856> , 旧<4121014855>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
企業年金とは、企業が従業員の退職時に年金を給付することを目的とした積立制度である。
給付には十分な積立金と効率的な運用が必要だ。
しかし、積立不足、運用難で基金の解散、給付削減が相次ぎ、年金への不安が高まっている。
危機は不可避だったのか。
年金財政を健全化し、受給権を保護する仕組みをどうつくるか。
豊富な現場体験をもとに、資産運用の変遷、企業会計、監督官庁の役割等を実証的に分析し、再生への道を提言する。
第1章 岐路にたつ企業年金(基金解散と給付引き下げ;日本経済の変化と企業年金 ほか)
第2章 企業年金とは何か(企業年金入門;企業年金の財政 ほか)
第3章 企業年金の20年(1980年代—企業年金のバブル;1990年代—失われた10年 ほか)
第4章 企業年金の再生に向けて(海外の企業年金改革;企業年金改革論と確定拠出型年金 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP