テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
改革の欧州に何を学ぶか : 日米欧三極の新時代
渡部亮著
-- 中央公論新社 , 1999 , vi, 269p. -- (中公新書 ; 1496)
ISBN : 新<9784121014962> , 旧<4121014960>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
米国のパワーとアジアのダイナミズムに圧倒され危機に瀕していた欧州が、99年1月、通貨統合をスタートさせ、自信を取り戻して変貌しつつある。
米国主導の金融資本主義、市場経済万能のグローバリゼーションに抗して、政治家のイニシアティブと政治の論理によって、「第三の道」を選択したのである。
欧州通貨統合の実態とその影響を分析するとともに、日本経済がそこから何を学び、低迷の根本原因と政治的に取り組みうるかを考える。
第1章 通貨統合は西欧復興への挑戦
第2章 グローバル化で生まれ変わる欧州
第3章 日欧が関わる国際金融の位相
第4章 ポスト通貨統合の欧州
第5章 改革の欧州から日本を読む
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP