テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
物語中東の歴史 : オリエント五〇〇〇年の光芒
牟田口義郎著
-- 中央公論新社 , 2001 , 294p. -- (中公新書 ; 1594)
ISBN : 新<9784121015945> , 旧<4121015940>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
キリストを生みムハンマドを生んだ中東は、歴史上の転換点となった数々の事件の舞台であり、まさに世界の富と知の中心だった。
ソロモン王とシバの女王の知恵くらべ。
新興イスラーム勢力のペルシア帝国への挑戦と勝利。
ムスリム商人による商業の隆盛と都市文化の繁栄。
「蛮族」十字軍やモンゴル帝国の侵攻とその撃退。
しかし、やがて地中海世界は衰退し、中東は帝国主義の蹂躙する所となる…。
ドラマティックな歴史をたどろう。
序章 中東の風土—われわれの認識は確かか
第1話 乳香と没薬—古代を知るためのキーワード
第2話 女王の都パルミラ—西アジアでいちばん美しい廃墟
第3話 アラブ帝国の出現—噴出したイスラーム・パワー
第4話 「蛮族」を迎え撃つ「聖戦」—反十字軍の系譜
第5話 風雲児バイバルス—一三世紀の国際関係
第6話 イスラーム世界と西ヨーロッパ—中世から近世へ
第7話 スエズのドラマ—世界最大の海洋運河をめぐって
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP