テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本型ポピュリズム : 政治への期待と幻滅
大嶽秀夫著
-- 中央公論新社 , 2003 , ix, 308p. -- (中公新書 ; 1708)
ISBN : 新<9784121017086> , 旧<4121017080>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本における政治不信の増大は著しいが、一九九〇年代以降何度か、突発的な人気を得、政治への期待を極度に高めた政治家が現れている。
ブームを巻き起こした、細川護煕、菅直人、石原慎太郎、田中康夫、加藤紘一、田中真紀子、小泉純一郎らである。
そこには、報道番組やワイドショーなどマスメディアとの相互作用があった。
本書は、こうした政治現象をポピュリズム概念を用いて分析し、日本政治の変容を明らかにする。
序章 「政治改革」とは何であったのか—一九九〇年代政治の帰結としての二〇〇〇年総選挙
第1章 派閥政治の終わりの始まり—「加藤の乱」にみる自民党内権力構造の変容
第2章 国民投票的首相選出の実現—小泉純一郎の自民党総裁当選
第3章 日本におけるネオ・リベラル型ポピュリズム—小泉総裁誕生の比較政治学的考察
第4章 戦略なきポピュリスト政治家—「真紀子旋風」と「真紀子騒動」
第5章 テレビニュースの変容—日本におけるポピュリズム登場の背景として
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP