テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
組織を変える“常識”—適応モデルで診断する
遠田雄志 著
-- 中央公論新社 , 2005 , 224p. -- (中公新書)
ISBN : 新<9784121017895> , 旧<4121017897>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
どの組織にも、その組織特有の認識の枠組みがある。
これが「組織の常識」で、意思決定や問題解決などはすべてこれが基礎となっている。
しかし、この常識は古びたり現実とズレたりしがちである。
どうすれば古い常識を捨て去り、新しい常識を身につけることができるか。
組織に潜む「未練のハードル」「臆病のハードル」をもとに組織を四つに分類し、どのような組織が望ましいか、組織を変えるためには何が必要かを解明する。
第1章 組織とはなにか
第2章 組織の適応モデル
第3章 組織の革新局面と保守局面
第4章 組織の分類
第5章 組織の先行的適応
第6章 組織のコミュニケーション
終章 教育—よりよき組織のために
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP