テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
働くということ : グローバル化と労働の新しい意味
ロナルド・ドーア著 ; 石塚雅彦訳
-- 中央公論新社, 2005.4 , x, 198p. -- (中公新書 ; 1793)
ISBN : 新<9784121017932> , 旧<4121017935>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
二〇世紀の終わりまでに、私たちはみな週五時間程度だけ働くようになっているだろう—。
ケインズの八〇年前の予言は見事に外れた。
先進諸国でも、経済競争力強化を理由に労働時間の短縮は進んでいない。
グローバリゼーションが加速する中、所得の格差も急速に拡がりつつある。
雇用機会や賃金において拡大する不平等に歯止めはかかるのか。
半世紀にわたって「働くということ」の意味を問いつづけてきた思索の到達点。
第1章 労働の苦しみと喜び(あなたの不安が私の平和を脅かす;グローバリゼーション ほか)
第2章 職場における競争の激化(効率は市場競争から;成果主義 ほか)
第3章 柔軟性(イギリスの一つの誇り;労働市場の柔軟性 ほか)
第4章 社会的変化の方向性(何が公正か;力の次元 ほか)
第5章 市場のグローバル化と資本主義の多様性(逆転の可能性;標準を押し付けること ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP