テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「鬼子 (グイヅ) 」たちの肖像 : 中国人が描いた日本人
武田雅哉著
-- 中央公論新社, 2005.9 , 255p. -- (中公新書 ; 1815)
ISBN : 新<9784121018151> , 旧<412101815X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
古来、中国人は日本人をさまざまにイメージし、歴史書に記録し、絵画に描いてきた。
そのなかには、荒唐無稽なものもあるが、驚くほど現実に近く詳細なものもある。
本書では、かつて日本人が「倭」と呼ばれていた時代の歴史書や地理書から、明の時代に人々が使っていた日用の辞書、日清戦争前後に発行された絵入り新聞、現代の映画に至るまで、中国人による日本人=「鬼子」イメージの変遷をたどる。
1 「日本人」と「鬼」(異人の描きかた;「鬼」が来た! ほか)
2 「人」と「鬼」の図像学(「人」とはなにか?;「鬼」—「人」にあらざるもの ほか)
3 清朝末期の日本人像(『点石斎画報』;「東洋」の異人 ほか)
4 怪物は東洋から(日出ずる処の妖怪たち;巨大生物の島国;ニッポン怪獣図鑑;四つ首の奇獣)
5 戦争と「倭奴」たち(「倭人」ふたたび;戦況の報告 ほか)
6 「倭奴」から「鬼子」へ(台湾民主国をめぐって;台湾の倭奴たち ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP