テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
小泉政権 : 「パトスの首相」は何を変えたのか
内山融著
-- 中央公論新社, 2007.4, vi, 258p. -- (中公新書 ; 1892)
ISBN : 新<9784121018922> , 旧<4121018923>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
21世紀最初の4月、世論を背景に首相に就いた小泉純一郎。
靖国参拝、北朝鮮訪問、郵政解散など、政権の5年5ヵ月は、受動的イメージだった日本の首相を、強いリーダーシップを発揮し得る存在に変えた。
一方で、政権は「抵抗勢力」=派閥・族議員、官僚と対峙する上で、世論を頼みとし、人々の理性より情念に訴え続ける。
新自由主義的政策を強く進めた内政、混迷を深めた外交を精緻に追い、政権の功罪と歴史的意義を記す。
第1章 小泉純一郎の政治運営(ポピュリスト的手法と「パトスの首相」;トップダウン型政策決定と「強い首相」 ほか)
第2章 内政—新自由主義的改革をめぐる攻防(経済財政諮問会議の機能;財政改革—予算編成プロセスの変化 ほか)
第3章 外交—近づく米国、遠ざかる東アジア(外務省の混乱—田中眞紀子外相と鈴木宗男;対米協力の強化—自衛隊の海外派遣 ほか)
第4章 歴史的・理論的視座からの小泉政権(戦後政治史のなかの小泉政権;首相のリーダーシップと制度)
第5章 小泉政権が遺したもの(「強い首相」の功罪;「パトスの首相」の功罪 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP