テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
不況のメカニズム : ケインズ『一般理論』から新たな「不況動学」へ
小野善康著
-- 中央公論新社, 2007.4, vi, 223p. -- (中公新書 ; 1893)
ISBN : 新<9784121018939> , 旧<4121018931>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
長期にわたった景気の低迷に対して、小泉内閣が行った「構造改革」は有効な措置といえるのか。
経済学者間の意見は対立し続け、経済学への信頼までも揺らいでいる。
ケインズは一九三〇年代の世界不況を目の当たりにして主著『雇用・利子および貨幣の一般理論』を執筆した。
本書はその欠陥も明らかにしつつ、ケインズが論証することに失敗した「不況のメカニズム」を提示し、現代の経済政策のあり方を問うものである。
第1章 ケインズ経済学の基本構造(二つの不況観;需要不足のメカニズム ほか)
第2章 失業と需要不足(新古典派経済学の特徴;貯蓄と投資の不一致 ほか)
第3章 利子と貨幣(投資の決定要因;何が利子を決めるのか ほか)
第4章 景気循環と経済政策のあり方(賃金の変動と景気循環;不況下の経済政策)
第5章 不況理論の再構築(何がわかり、何が残されたか;新しい不況理論 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP