テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
グローバル化経済の転換点 : 「アリとキリギリス」で読み解く世界・アジア・日本
中井浩之著
-- 中央公論新社, 2009.10, viii, 272p. -- (中公新書 ; 2024)
ISBN : 新<9784121020246> , 旧<4121020243>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
リーマン・ショックから一年。
世界経済はいまなお不安定な局面にある。
経済成長を輸出で維持してきたアリ諸国と、内需主導で維持してきたキリギリス諸国との相互依存の拡大が、二一世紀初頭のインフレなき高成長を生んだ。
しかし、この関係を支えていたグローバル化が、今次の金融危機により、転換点を迎えている。
各国間の力のバランスや金融システムの変化も視野に入れ、アジアと日本の今後を、データを駆使して見定める。
第1章 世界経済のグローバル化とは何なのか
第2章 アリとキリギリスの分化
第3章 世界経済における力とルール
第4章 変わりゆく世界の金融システム
第5章 東アジア—輸出主導工業化の成功
第6章 東アジアの新たな課題
第7章 今後の日本経済をどう考えるか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP