テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
北朝鮮帰国事業 : 「壮大な拉致」か「追放」か
菊池嘉晃著
-- 中央公論新社, 2009.11, v, 258p. -- (中公新書 ; 2029)
ISBN : 新<9784121020291> , 旧<4121020294>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
一九五九年から四半世紀にわたって行われた北朝鮮帰国事業。
「地上の楽園」と宣伝された彼の地に在日コリアン、日本人妻など約一〇万人が渡った。
だが帰国後、彼らは劣悪な生活環境・監視・差別に苦しむ。
本書は、近年公開された史料や証言を基に、南北統一への"活用"を意図した北朝鮮の思惑と、過激な政治分子と貧困層排除を目論んだという「日本策略論」を検証し、どのように事業は行われ、「悲劇」が生まれたかを追う。
序章 問い直される帰国事業
第1章 「在日社会」の激動—戦前〜朝鮮戦争
第2章 朝鮮戦争と帰国運動の始まり
第3章 帰国実現の模索
第4章 帰国事業をめぐる攻防
第5章 北朝鮮はなぜ「帰国」を推進したか
第6章 なぜ「未知の祖国」へ渡ったか
第7章 なぜ「帰国」は四半世紀も続いたか
第8章 「虚構の楽園」での悲劇
終章 現在進行形の問題
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP