テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
競争と公平感 : 市場経済の本当のメリット
大竹文雄著
-- 中央公論新社, 2010.3, xii, 245p. -- (中公新書 ; 2045)
ISBN : 新<9784121020451> , 旧<4121020456>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本は資本主義の国のなかで、なぜか例外的に市場競争に対する拒否反応が強い。
私たちは市場競争のメリットをはたして十分に理解しているだろうか。
また、競争にはどうしても結果がつきまとうが、そもそも私たちはどういう時に公平だと感じるのだろうか。
本書は、男女の格差、不況、貧困、高齢化、派遣社員の待遇など、身近な事例から、市場経済の本質の理解を促し、より豊かで公平な社会をつくるためのヒントをさぐる。
1 競争嫌いの日本人(市場経済にも国の役割にも期待しない?;勤勉さよりも運やコネ?;男と女、競争好きはどちら? ほか)
2 公平だと感じるのはどんな時ですか?(「小さく産んで大きく育てる」は間違い?;脳の仕組みと経済格差;二〇分食べるのを我慢できたらもう一個 ほか)
3 働きやすさを考える(正社員と非正規社員;増えた祝日の功罪;長時間労働の何が問題か? ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP