テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
人種とスポーツ : 黒人は本当に「速く」「強い」のか
川島浩平著
-- 中央公論社, 2012.5 , 256p. -- (中公新書 ; 2163)
ISBN : 新<9784121021632> , 旧<4121021630>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
オリンピックの陸上男子100m決勝で、スタートラインに立った選手56人は、ここ30年すべて黒人である。陸上以外の競技でも、彼らの活躍は圧倒的に見える。だが、かつて彼らは劣った「人種」と規定され、スポーツの記録からは遠い所にあった。彼らは他の「人種」に比べ、本当に身体能力が優れているのか―。本書は、人種とスポーツの関係を歴史的に辿り、最新の科学的知見を交え、能力の先天性の問題について明らかにする。
序章 黒人と身体能力―生まれつき優れているのか;第1章 「不可視」の時代―南北戦争以後~二〇世紀初頭;第2章 人種分離主義体制下―二〇世紀初頭~一九二〇年代;第3章 「黒人優越」の起源―身体的ステレオタイプ成立と一九三〇年代;第4章 アメリカンスポーツ界の人種統合―すべてはベースボールから始まった;第5章 台頭から優越へ―メダル量産と黒人選手比率の激増;第6章 水泳、陸上競技と黒人選手―「黒人」としての特質なのか;終章 「強い」というリアリティ―歴史、環境、多様性
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP