テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
政権交代 : 民主党政権とは何であったのか
小林良彰著
-- 中央公論社, 2012.9 , 222p. -- (中公新書 ; 2181)
ISBN : 新<9784121021816> , 旧<4121021819>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
2009年夏、日本で初の民意に基づく政権交代が起こった。だがその後の民主党政権は、小沢をめぐるカネの問題に苛まれ、鳩山、菅、野田と首相が代わるたびに政策が大きく変容、離党者が相次ぎ、「決められない政治」が続いた。当初、八割近くの人びとが支持した政権交代とは何であったのか。本書は、民主党政権の軌跡を辿るとともに、政権交代を経ても、なぜ民意を反映しない政治が続くのか、その問題を明らかにする。
序章 政権交代神話と二大政党制神話;

第1章 民主党政権の誕生(政権交代の予兆―小泉退陣から麻生内閣へ;政権交代の内実―自民党への不信);

第2章 混迷―鳩山の迷走から菅政権へ(鳩山内閣と普天間基地移設問題;菅内閣発足と参院選―「政治主導」の修正;脱小沢路線の内憂外患―中国漁船問題とTPP);

第3章 凋落、挙党体制の試み―大震災の衝撃から野田政権へ(東日本大震災と原発事故への対応;菅政権の延命策動;野田内閣下のマニフェスト修正;民主党政権の終焉―自公との協調と小沢離党);終章 民主主義再生は可能か(代議制民主主義の機能不全;より良い政治のためには)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP