テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
国際秩序 : 18世紀ヨーロッパから21世紀アジアへ
細谷雄一著
-- 中央公論社, 2012.11 , 354p. -- (中公新書 ; 2190)
ISBN : 新<9784121021908> , 旧<4121021908>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
「均衡」「協調」「共同体」―近代ヨーロッパが生んだ国際秩序の基本原理である。本書はこの三つの体系を手がかりに、スペイン王位継承戦争から、ウィーン体制、ビスマルク体制、二度の世界大戦、東西冷戦、そして現代に至る三〇〇年の国際政治の変遷を読み解く。平和で安定した時代はいかに築かれ、悲惨な戦争はなぜ起こってしまったのか。複雑な世界情勢の核心をつかみ、日本外交の進むべき道を考えるための必読書。
序章 国際秩序を考える;第1章 均衡・協調・共同体―三つの秩序原理(均衡の体系;協調の体系;共同体の体系);
第2章 近代ヨーロッパの国際秩序(勢力均衡の成立―一八世紀の国際秩序;均衡による協調―ウィーン体制;協調なき均衡―ビスマルク体制);
第3章 世界戦争の時代(国際秩序のグローバル化;秩序の挫折―二度の世界大戦;リベラルな秩序の成立―大西洋の時代);
第4章 未来への展望―グローバル化時代の国際秩序(恐怖から希望へ―冷戦期の国際秩序;「新世界秩序」の夢と挫折;「太平洋の世紀」へ)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP