テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
自然を捉えなおす : 競争とつながりの生態学
江崎保男著
-- 中央公論社, 2012.12 , 292p. -- (中公新書 ; 2198)
ISBN : 新<9784121021984> , 旧<4121021983>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
科学の基本的な考え方から生物多様性の保全、健全な生態系の維持という現代の環境問題まで、エコロジカルな視点からやさしく詳述する
序(視点;実体と概念;自然の実体;ものごとの形態・機能・構造)
第1章 エコロジーと科学(科学のアムビギュイティ;科学は「比較」と「なぜ」;生物学の階層性と生態学;生物学の深いわけ;生物学者のアタマの引き出し雄;行動学と生態学)
第2章 生物とはなにか―進化と競争(適応・淘汰・生物多様性;競争と進化の基盤理論;競争の相手;実体としての種;個体群と遺伝子プール;行動学の挑戦状;生物の形態と機能;競争のバランスシート;競争のゆくえ;進化と生態)
第3章 自然とはなにか―認識の生態学(自然のつながり;自然の切り出し方;群衆の機能;二〇世紀の動物生態学(1)―個体群の生態学
二〇世紀の動物生態学(2)―個体数調節問題
二〇世紀の動物生態学(3)―生物相互作用
群衆の構造現代の生態学
ニッチと役割
メタ個体群
都市生態系
本章のまとめ)
第4章 人と自然―地域と歴史(河川生態系と水田生態系;森林生態系;地域と流域;実行の生態学;環境問題;健全な生態系;地域異体系の保全;生態系サービスと生態系いのち;つながりと競争;おわりに)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP