テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
人民元は覇権を握るか : アジア共通通貨の実現性
中條誠一著
-- 中央公論社, 2013.5 , 192p. -- (中公新書 ; 2219)
ISBN : 新<9784121022196> , 旧<412102219X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
近年、ユーロ圏の財政・金融危機が取り沙汰される一方で、国際通貨であるドルの脆弱性もささやかれている。依然ドルの影響力が大きいアジア圏では、経済成長いちじるしい中国の人民元が、今後、基軸通貨として擡頭してくるだろう。しかし人民元の覇権は、日本経済を衰退させる危惧があるのみならず、アジア諸国の安定成長を阻害しかねない。日本の通貨戦略はどうあるべきか。アジア経済の今後を占う。
第1章 アジアで、ドル基軸通貨体制は続くのか;
第2章 通貨・金融協力はどこまで進んだか;
第3章 円と人民元の現状;
第4章 アジア通貨統合という「壮大な夢」;
第5章 アジアは人民元圏になるか;
終章 日本が中流国に後退しないために
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP