テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
気象庁物語 : 天気予報から地震・津波・火山まで
古川武彦著
-- 中央公論社, 2015.9 , 180p. -- (中公新書 ; 2340)
ISBN : 新<9784121023407> , 旧<4121023404>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
1875年、虎ノ門の高台に誕生した東京気象台は、戦争や災害のたびに技術革新を行い、現在の気象庁へと成長した。日露戦争の命運を決する「天気晴朗ナルモ波高カルベシ」の電報、太平洋戦争期に軍部と争った気象観測の主導権、青函連絡船洞爺丸を襲った台風、富士山レーダーの建設とアメダスの導入、そして昨今の異常気象―。技術者たちで構成され、科学の進歩とともに歩んできた「戦う技術官庁」の足跡を辿る。
第1章 東京気象台の創設
第2章 日露戦争と室戸台風
第3章 太平洋戦争
第4章 海は荒れて
第5章 コンピュータ時代の到来
第6章 地震・津波・火山
第7章 気象衛星「ひまわり」の打ち上げ
第8章 今日の気象サービス
第9章 地球温暖化、異常気象
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP