テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
中曽根康弘 : 「大統領的首相」の軌跡
服部龍二著
-- 中央公論社, 2015.12 , 348p. -- (中公新書 ; 2351)
ISBN : 新<9784121023513> , 旧<412102351X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
自主憲法制定を訴えるタカ派、主張を変える「風見鶏」、首相就任時も、田中角栄の影響下「田中曽根内閣」と批判された中曽根康弘。だが「戦後政治の総決算」を掲げた中曽根は、「大統領的」手法によって国鉄などの民営化を推進、レーガン米大統領や中韓と蜜月関係を築き、サミットを通じて、日本の国際的地位を大きく上昇させる。本書は中曽根の半生を辿り、日本が敗戦から1980年代、戦後の頂点へと向かう軌跡を追う。

序章 幼少期―材木商から内務省へ
第1章 出征と敗戦―海軍主計中尉
第2章 「青年将校」―野党時代
第3章 保守合同と初入閣―岸内閣科学技術庁長官
第4章 「キル・ザ・タイム」から派閥の領袖へ
第5章 非核三原則と「自主防衛」―佐藤内閣運輸相・防衛庁長官
第6章 「新自由主義」と石油危機―田中内閣通産相
第7章 「三角大福中」の時代―幹事長・総務会長・行政管理庁長官
第8章 首相の一八〇六日―「大統領的首相」を求めて
終章 「命の限り蝉しぐれ」―首相退任後の三〇年
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP