テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
通貨の日本史 : 無文銀銭、富本銭から電子マネーまで
高木久史著
-- 中央公論社, 2016.08 , 258p. -- (中公新書 ; 2389)
ISBN : 新<9784121023896> , 旧<4121023897>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
都の建設のため国産銭が作られた古代、中国からの輸入銭に頼った中世、石見銀山の「シルバーラッシュ」が世界経済をも動かした戦国時代、財政難に苦しめられた江戸の改革者たち、帝国日本の通貨政策…。無文銀銭が登場した7世紀から現在まで、通貨をめぐる歴史はエピソードに事欠かない。通貨政策に大きな影響を与えてきた庶民の事情にも着目しながら、その歩みをたどる。今も昔も私たちを悩ませる、お金をめぐる通史。
第1章 銭の登場―古代~中世(都の建設のために
外国銭の奔流、国産銭の復活)
第2章 三貨制度の形成―戦国~江戸前期(シルバーラッシュの中の信長・秀吉
江戸開幕、通貨の「天下統一」)
第3章 江戸の財政再建と通貨政策―江戸中期~後期(改革政治家たちの悪戦苦闘
開港前夜の経済成長と小額通貨)
第4章 円の時代へ―幕末維新~現代(通貨近代化の試行錯誤
帝国の通貨と戦後)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP