テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
観応の擾乱 : 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い
亀田俊和著
-- 中央公論社, 2017.7 , 269p. -- (中公新書 ; 2443)
ISBN : 新<9784121024435> , 旧<4121024435>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
観応の擾乱は、征夷大将軍・足利尊氏と、幕政を主導していた弟の直義との対立から起きた全国規模の内乱である。本書は、戦乱前夜の動きも踏まえて一三五〇年から五二年にかけての内乱を読み解く。一族、執事をも巻き込んだ争いは、日本の中世に何をもたらしたのか。その全貌を描き出す。
第1章 初期室町幕府の体制
第2章 観応の擾乱への道
第3章 観応の擾乱第一幕
第4章 束の間の平和
第5章 観応の擾乱第二幕
第6章 新体制の胎動
終章 観応の擾乱とは何だったのか?
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP