テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
〈どんでん返し〉の科学史 : 蘇る錬金術、天動説、自然発生説
小山慶太著
-- 中央公論社, 2018.2 , 218p. -- (中公新書 ; 2476)
ISBN : 新<9784121024763> , 旧<4121024761>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
ありふれた金属から金や銀を作り出そうとする錬金術。ニュートンすらその魅力に取り憑かれていたが、元素の概念が普及すると荒唐無稽だと退けられた。だが20世紀になると物理学者ラザフォードが「新しい錬金術」と称した物理学の進展によって、今では自在に元素の変換が可能になった。天動説、不可秤量物質、エーテル、自然発生説など、一度は否定され、別の視点から復活するトピックに注目して描かれる、もう一つの科学史。
1章 蘇る錬金術(奇妙な貴族の紋章
『新しい錬金術』 ほか)
2章 転変をつづける宇宙像(天動説と地動説の相似性
天動説は高度な数学理論 ほか)
3章 復活した不可秤量物質(熱の担い手、カロリック
ブラックの熱容量と潜熱 ほか)
4章 回帰する生命の自然発生説(一九世紀に発展を遂げた生物学
微生物の発見 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP