テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
カラー版 ふしぎな県境 : 歩ける、またげる、愉しめる
西村まさゆき著
-- 中央公論社, 2018.5 , 179p. -- (中公新書 ; 2487)
ISBN : 新<9784121024879> , 旧<4121024877>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
地図を詳しく見ていくと、日本各地に複雑怪奇な県境が存在する。ショッピングセンターの売り場を分断している、一つの村が丸ごと他県に囲まれている、盲腸県境が幅1メートル×長さ8キロにわたって細長く続く、実際の県境からだいぶ離れたところに「県境」バス停がある…。こんな県境が、なぜ生まれたのか?実際に行ってみると何があるのか?地元の人は不便ではないのか?県境マニアが全国13ヵ所の県境を検証。
練馬に県境がひと目でわかる場所があるので見に行った
店舗内に県境ラインが引かれているショッピングモール
東京都を東西に一秒で横断できる場所
「峠の国盗り綱引き合戦」で浜松と飯田が仲良すぎて萌え死にそう
蓮如の聖地に県境を見に行く
標高二〇〇〇メートルの盲腸県境と危険すぎる県境
福岡県の中に熊本県が三ヵ所もある場所
日本唯一の飛び地の村で水上の県境をまたぐ
県境から離れたところにある「県境」というバス停
埼玉、栃木、群馬の三県境が観光地化している?
湖上に引かれた県境を見に行く
カーナビに県境案内をなんどもさせたかった
町田市、相模原市の飛び地の解消について担当者に話を聞く
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP