テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
戦後政治家暴言録
保阪正康著
-- 中央公論新社, 2005.4 , 237p. -- (中公新書ラクレ ; 173)
ISBN : 新<9784121501738> , 旧<412150173X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
吉田茂の「バカヤロー」から小泉純一郎の「人生いろいろ」まで。
戦後60年を象徴する政治家の失言・放言を詳細に辿りながら、無気力が蔓延する現代へ警鐘を鳴らす、保阪史観の集大成。
第1章 戦後日本のオモテの言論、ウラの言論
第2章 戦前の官僚体質の残る暴言(吉田茂—バカヤロー発言の内と外;池田勇人—中小企業の倒産などやむを得ない;清瀬一郎—男女共学は廃止すべきだ;岸信介—野球場や映画館は満員だよ;佐藤栄作—私はテレビと話す。新聞記者諸君は帰ってください)
第3章 田中角栄以後、森喜朗以前(田中角栄—隣りで毎日毎日、ガンガンと製カン工事をやるよ;中曽根康弘—日本列島を不沈空母にする;藤尾正行—日韓併合は韓国にも責任がある;渡辺美智雄—日本人は破産というと重大に考えるが米国の連中は黒人だとかいっぱいいて、ケロケロケロ、アッケラカンだよ;森喜朗—日本は天皇を中心とする神の国)
第4章 小泉政権下の暴言・失言の怖さ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP