テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本はなぜ諍いの多い国になったのか : 「マナー神経症」の時代
森真一著
-- 中央公論新社, 2005.7 , 235p. -- (中公新書ラクレ ; 184)
ISBN : 新<9784121501844> , 旧<4121501845>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
電車内の暴力、ケータイ利用のトラブル…マナー悪化を憂える声は多いが、今ほどマナーを気遣い、監視の目が厳しい時もない。
若者の人間関係を解読し、「マナー神経症」の処方箋を探る。
第1章 マナーの悪い人びと?
第2章 仲間か否か—思いやりの落差
第3章 ケータイが仲間関係を不安定にするわけ
第4章 キャラ的人間関係のかよわい紐帯
第5章 「荒れる成人式」はなぜ起きるのか?
第6章 「優等生」の苦悩—「ひきこもり」を事例に
第7章 キレる「お客様」
終章 たかがマナー、されどマナー、でもやはりたかがマナー
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP