テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本のニート・世界のフリーター : 欧米の経験に学ぶ
白川一郎著
-- 中央公論新社, 2005.11 , 235p. -- (中公新書ラクレ ; 197)
ISBN : 新<9784121501974> , 旧<4121501977>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
欧米先進国は二十年以上、若年雇用問題に取り組んできた。
本書は英国のニューディール、ドイツのデュアルシステム、オランダのパート対策等の成功例・失敗例を検証し、教訓を導き出す。
第1章 苦闘する世界の若者(苦境に立つ先進諸国の若者たち;若年雇用悪化の背景;高失業率と共存する欧米諸国;先進諸国における若年雇用政策の特徴)
第2章 先進諸国における若年雇用政策(英国;フランス;ドイツ)
第3章 日本の若年雇用の何が問題なのか(若年雇用の実態;若年層における構造的失業率の上昇;非正規雇用への「ヒステレシス効果」とは?)
第4章 変革を迫られる日本の教育・訓練システム(若年雇用政策不在の日本;構造的失業率の上昇への対応;パートタイム労働者に対する均等条件の確保;教育・訓練制度の問題点;遅れている供給側の対応;セーフティネットの必要性)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP