テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
中朝国境をゆく : 全長1300キロの魔境
裴淵弘
-- 中央公論新社, 2007.5, 214p. -- (中公新書ラクレ ; 245)
ISBN : 新<9784121502452> , 旧<4121502450>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
数多の脱北者が深い闇のなかに身を潜め、密輸商や人買いが跋扈する中朝国境。
現地の人々の生の声を集めるとともに、国境の歴史的背景にも迫り、謎多き「魔境」の全貌を明らかにする。
第1章 一〇年前の国境行—大量脱出前夜(はじめて耳にした「脱北」;三八度線と中朝国境の違い ほか)
第2章 闇に潜む幾万もの脱北者たち—国境の町を歩く(脱北者は証言する;命懸けの救出活動と政府の無策)
第3章 国境はいかにして築かれたか—その歴史をたどる(中韓歴史論争;北朝鮮経済と新義州特区)
第4章 国境崩壊のシナリオ—"統一後"の力学(中朝の奇妙な二人三脚;北朝鮮は東北第四省に転落するのか ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP