テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
禁じられた歌 : 朝鮮半島 音楽百年史
田月仙著
-- 中央公論新社, 2008.2, 253p. -- (中公新書ラクレ ; 269)
ISBN : 新<9784121502698> , 旧<4121502698>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
朝鮮半島では、日本統治時代には民族意識を高揚させる歌が禁止され、戦後も日本的、親北的、退廃的などの理由で数々の歌が禁じられた。
それらの歌に込められた思いと、"その後"に迫る。
第1部 「日帝時代」とその余波(「アリラン」—世界中のコリアンが歌う"民族の歌";「鳳仙花」—芸術歌曲の父と「親日派」狩り ほか)
第2部 南北分断の悲しみ(「イムジン江」—北から統一を願う歌;「懐かしい金剛山」—南から統一を願う歌 ほか)
第3部 韓流ブームの先駆者たち(「椿娘」「恋の赤い灯」—"倭色"とのレッテルを貼られて;「カスバの女」—早すぎた韓流 ほか)
第4部 韓国軍事政権下の禁止歌(「ブルー・ライト・ヨコハマ」—韓国人がもっともよく知る日本の歌;「朝露」—伝説のシンガーソングライターの物語 ほか)
第5部 そして日本文化開放、日韓交流へ(「カスマプゲ」—韓国名の歌手、初めて日本で成功;「帰れ釜山港へ」—海を越えた"趙容弼現象" ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP