テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
防衛破綻 : 「ガラパゴス化」する自衛隊装備
清谷信一著
-- 中央公論新社, 2010.1, 221p. -- (中公新書ラクレ ; 338)
ISBN : 新<9784121503381> , 旧<4121503384>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
国防に関する「世界の常識」が通用しない日本。
「高い、古い、遅い」兵器の通達に税金が浪費されている。
政治家もメディアも指摘しない、自衛隊の装備調達の異常な実態を明らかにする。
第1章 「買い物官庁」防衛省と「丸腰」自衛隊(他国との価格差は一〇倍にも!;シビリアン・コントロールが効いていない ほか)
第2章 自衛隊の兵器を検証する 陸自編(89式小銃—性能は凡庸。しかも外国の四〜五倍の値段;機関拳銃—使い勝手の悪い、ギャング向けの銃 ほか)
第3章 自衛隊の兵器を検証する 海自編(潜水艦—巨大化の一途を辿るも戦略なし;護衛艦—海上保安庁より遅れている ほか)
第4章 自衛隊の兵器を検証する 空自編(空中給油機—四機ではまったく足りない;F‐X—混迷の度を深める次期戦闘機選定)
第5章 日本の防衛産業の行方(商社は悪か;防衛産業の緩慢な死 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP