テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
朝起きられない子の意外な病気 : 「起立性調節障害」患者家族の体験から
武香織著
-- 中央公論新社, 2012.9, 213p. -- (中公新書ラクレ ; 428)
ISBN : 新<9784121504289> , 旧<4121504283>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
思春期の子どものおよそ一割がかかるとも言われる、起立性調節障害(OD)。その症状は「朝、起きられなくなること」。学校や病院の理解も進まないまま、不登校の隠れた原因になっている。息子の病気に直面した著者が、自らの体験と周囲の患者家族の声を綴った子どもの病気の新常識。
プロローグ 子どもが目を覚まさない!(かかりつけの耳鼻科医の診断)
第1章 診断と治療(大国真彦先生との出会い
ガマンしていた大耀 ほか)
第2章 どうなる!?学校生活(1)大耀、中学1年生の挫折(クラスメートにお手紙を
欠席の電話より、出席のメール ほか)
第3章 どうなる!?学校生活(2)人生を変えた出会い、進路決定(抜け殻になった息子
仕事に連れていってみよう ほか)
第4章 親の本音・子どもの本音(起立性調節障害の子どもを持って
起立性調節障害を持つ子どもたちの「本音座談会」)
エピローグ 長いトンネルを抜け出して(通信制高校の週1登校コースへ
青少年フェスティバル運営委員長のあいさつ ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP