テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
いじめ論の大罪 : なぜ同じ過ちを繰り返すのか?
諏訪哲二著
-- 中央公論新社, 2013.3, 284p. -- (中公新書ラクレ ; 448)
ISBN : 新<9784121504487> , 旧<4121504488>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
体罰事件、いじめ事件が起きるたび、教育界やメディアは「狂騒」を繰り返す。いつまで同じ論議を繰り返すのか?「プロ教師」の著者は、いじめ論の不毛さを痛感してきたが、退職した今こそ、ホンネを明かす。尾木ママ、橋下市長らの識者や大手マスコミのどこが問題か、徹底検証。
第1部 いじめ論議はなぜ不毛なのか?(いじめの根源に潜む、子どもの変質;メディアの何が問題なのか?);
第2部 学校内外の「ちから関係」を読み解く(行政VS.民間VS.教員VS.子ども―教育をめぐる「ちから関係」;教師と生徒の関係―「学級王国」はいじめの温床なのか?;教師間の人間関係―教員世界の中のいじめ ほか);
第3部 主要ないじめ論を検証する(尾木ママと橋下市長―対極的な二人の意外な共通点;宮台真司―リベラル派はここが矛盾している;内藤朝雄―「学級廃止論」のどこが問題か? ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP