テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
オバタリアン教師から息子を守れ : クレーマーとは呼ばせない! 親の心得
おおたとしまさ著
-- 中央公論新社, 2014.04, 238p. -- (中公新書ラクレ ; 492)
ISBN : 新<9784121504920> , 旧<4121504925>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
オバタリアン教師は陰湿で、限りなくクロに近い方法で生徒を支配する。標的にされた「やんちゃ坊主」はたちまち草食化。はたまたモンスター親の登場で壮絶バトルに。なぜ女教師はやさぐれるのか?学校現場を徹底調査した著者が贈る、貴重なアドバイス。やんちゃ坊主の生かし方、殺し方。
第1章 オバタリアン教師の手口(オバタリアン教師がやってきた!
子どもを動物・虫けら呼ばわり ほか)
第2章 なぜ女教師は「やさぐれる」のか?(働く女性のパイオニア
女性教師の恵まれた雇用条件 ほか)
第3章 「やんちゃ坊主」はつらいよ!?(男の子が育つ環境に男性が足りない
男の子のケンカは単なるスキンシップ ほか)
第4章 「ハズレ担任」との賢い付き合い方(「今年の担任、アタリ?ハズレ?」
オバタリアン教師のしっぽはつかみにくい ほか)
第5章 悪いのは、オバタリアン?モンスターペアレント?(連絡網に担任の自宅電話番号を載せない理由
「叩いてくれてもいい」という保護者ほどアブナイ ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP