テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
男子御三家 : なぜ一流が育つのか
おおたとしまさ著
-- 中央公論新社, 2016.02, 246p. -- (中公新書ラクレ ; 547)
ISBN : 新<9784121505477> , 旧<4121505476>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
伝統ある名門中高一貫校の「男子御三家」は、個性は違うがどことなく似ている。超進学校ゆえに「詰め込み式の受験予備校」と誤解されがちだが、実は揺るぎない建学精神と「真のゆとり教育」があるからこそ、一流が育つのだ。全国の学校を駆けめぐる著者が、その強さの秘密に迫る。
第1章 開成―毎日が運動会(開成最初の指導は高3が行う
開成に入るのではなく開成の一部になる ほか)
第2章 麻布―毎日が革命(悪口を言われても謝りつつ、人の子を教える
幕府崩壊で、すべてが水の泡 ほか)
第3章 武蔵―毎日が散歩(文字通り「本物に触れる」入試問題
いきなり答えを知りたがる子は武蔵には向かない ほか)
第4章 男子御三家のハビトゥス(まったく違うのに、似ている
通常授業の中にこそ男子御三家の凄みがある ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP