テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
プロレスという生き方 : 平成のリングの主役たち
三田佐代子著
-- 中央公論新社, 2016.05, 253p. -- (中公新書ラクレ ; 554)
ISBN : 新<9784121505545> , 旧<4121505549>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
プロレスは幾多の困難な時期を乗り越えて、いま新たな黄金時代を迎えている。馬場・猪木の全盛期から時を経て、平成のプロレスラーは何を志し、何と戦っているのだろうか。メジャー、インディー、女子を問わず、裏方やメディアにも光を当て、その魅力を活写する。著者はプロレス専門チャンネルに開局から携わるキャスターで、現在も年間120大会以上を観戦・取材中
第1部 メジャーの矜恃・インディーの誇り(中邑真輔―美しきアーティストが花開くまで
飯伏幸太―身体ひとつで駆け上がった星
高木三四郎―「大社長」がすごい理由
登坂栄児―プロレス界で一番の裏方
丸藤正道―運命を受け入れる天才)
第2部 女子プロレスラーという生き方(里村明衣子―孤高の横綱はなぜ仙台に行ったのか?
さくらえみ―突拍子もない革命家)
第3部 プロレスを支える人たち(和田京平―プロレスの本質を体現する番人
橋本和樹に聞く若手のお仕事
棚橋弘至―プロレスをもっと盛り上げるために)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP