テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
小さくても勝てる : 「砂丘の国」のポジティブ戦略
平井伸治著
-- 中央公論新社, 2016.10, 244p. -- (中公新書ラクレ ; 563)
ISBN : 新<9784121505637> , 旧<4121505638>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
斬新な発想とダジャレで地域に奇跡を起こす―。日本一人口が少ない小さな県が実践する「鳥取型民主主義(デモクラシー)」とは何か?山陰「砂丘の国」のポジティブ戦略を徹底紹介。地方から国を変えた地方創生の「原点」をすべて公開する。
第1章 話題を味方につける―カネがないなら頭を使え(鳥取砂丘とコーヒー
スターバックス来たる! ほか)
第2章 人口を増やせ!―「ない」を評価してもらう(鳥取を消滅させない
「ない」を評価してもらう ほか)
第3章 県庁改革と鳥取型民主主義―政治は誰のものか(「三つの福」
現場主義と行動主義と結果主義 ほか)
第4章 幸せは身近にあった―山、里、海が輝く時代が来た(空につながる鳥取の地
北前船が日本海を往来 ほか)
第5章 小さな県でも勝てます―地方から国を変える(地方創生
危険ドラッグ条例 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP