テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
キリスト教は「宗教」ではない : 自由・平等・博愛の起源と普遍化への系譜
竹下節子著
-- 中央公論新社, 2017.10, 222p. -- (中公新書ラクレ ; 597)
ISBN : 新<9784121505972> , 旧<4121505972>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
本来、「生き方マニュアル」として誕生した教えは、受難と復活という特殊性から「信仰」を生み、「宗教」として制度化したことで成熟する。広く世界に普及する一方で、様々な思惑が入り乱れ、闘争と過ちを繰り返すことにもなった。本書は、南米や東洋での普及やその影響を通じて、ヨーロッパ世界が相対化され、近代に向かう中で「本来の教え」が普遍主義理念に昇華するまでの過程を、激動の世界史から解読する。
第1章 「イズム」としてのキリスト教
第2章 信仰が「宗教」となる時
第3章 「宗教」となっていくキリスト教
第4章 宣教師たちのキリスト教
第5章 「文明」としてのキリスト教
終章 キリスト教と日本
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP