テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
入門! 自宅で大往生 : あなたもなれる 「家逝き」達人・看取り名人
中村伸一著
-- 中央公論新社, 2019.03, 225p. -- (中公新書ラクレ ; 649)
ISBN : 新<9784121506498> , 旧<4121506499>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
人の最期は、延命か否かの簡単な二元論ではない。食べられなくなったとき、息ができなくなりそうなとき、心臓が止まりそうなときはどうすればいいのか。同居家族がいない場合は。かかりつけ医との付き合い方は…。「家逝き」を望む本人と看取る側は何に備えればいいのか。「村」唯一の医師として在宅医療、介護、看取りを支援してきた経験から四つの「家逝き」の極意を伝授する。国が推進する在宅時代の現実的な「解」を提示する。
第1章 逝きの覚悟(満足と不安の間
大往生の大前提“覚悟”とは何か)
第2章 家逝きの極意その1 どう逝くのかをザックリと決める(ジワジワ逝きと切り上げ逝き?決めの分岐点を考える
逝き方を決めかねるとき)
第3章 家逝きの極意その2 理想と現実を整理する(だれにどういうかたちで看取られる?
ご近所に味方をつくれ)
第4章 家逝きの極意その3 亡くなるプロセスを知れば、怖くない(動けなくなってきたら
食べられなくなってきたら ほか)
第5章 家逝きの極意その4 逝きへの準備をしよう(“心づもり”を記しておこう
最期の望みはなんだろう?)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP