テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
地震の前、なぜ動物は騒ぐのか : 電磁気地震学の誕生
池谷元伺著
-- 日本放送出版協会 , 1998 , 258p. -- (NHKブックス ; 822)
ISBN : 新<9784140018224> , 旧<4140018224>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
ネズミやカラスが騒ぎ、メダカは整列する。
空は不気味に光り、電気製品が誤動作をきたす。
地震の前のこれら不思議な現象はなぜ起きるのか。
岩石破壊に伴い、発生する地震電磁波が原因とし、その発生メカニズム「断層の電磁気モデル」を提唱する。
また、電磁波伝播のしくみ「地球導波回路」や、前兆現象が起こりやすい日本、ギリシャの共通点は何か等、斬新かつ大胆な仮説と実験により、新たな地震予測への道を切り拓く。
第1部 地震前兆現象の謎を解く(地震前兆と電磁気学;動物異常と電場効果;電気製品の異常と電磁計測;大気の前兆現象—地震発光、地震雲、空の異常;前兆現象の実験)
第2部 電磁気地震学の誕生(断層の電磁気モデルと電磁波発生;電荷、電場、電磁波発生機構)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP