テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
宗教をどう生きるか : 仏教とキリスト教の思想から
小林道憲著
-- 日本放送出版協会 , 1998 , vi, 306p. -- (NHKブックス ; 847)
ISBN : 新<9784140018477> , 旧<414001847X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
“宗教的なるもの”の本質は、いったい何なのだろうか。
人びとは生と死、罪や業からの苦しみを、どのように乗り超えるのか。
本書は、仏教が説く解脱にいたる思想やキリスト教の赦しの概念を、“帰依の宗教”と“信仰の宗教”という性格づけから考察する。
古代人が感じとった“大いなるもの”への畏怖と帰一の心情は、歴史を超えて、いま、人びとにどのような救いを与えるのか。
気鋭の哲学者が自らの宗教的体験をとおして、無常観や死生観に根ざす人間の心の闇を見つめ、彼方に見える生命観を見出そうとする。
1 解脱の世界(死と無常;苦と業;解脱;根源的生命;相互連関;生成と迷い)
2 救いの世界(罪と悪;救い;絶対と相対;愛と命;煩悩と救い)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP