テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ミトコンドリアはどこからきたか : 生命40億年を遡る
黒岩常祥著
-- 日本放送出版協会 , 2000 , 301p. -- (NHKブックス ; 887)
ISBN : 新<9784140018873> , 旧<4140018879>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
私たちの細胞の中で身体をつくり、エネルギーを生み出すミトコンドリアは、真核生物と別の生物が助け合う、共生によって生まれたものとされてきた。
しかし、近年の研究成果によって、宿主真核生物が遺伝子の90%を奪い取り、強いものが弱いものを支配するという“収奪的共生”によって誕生したことがわかった。
分裂を制御する“リング”の発見、二次・三次共生における細胞内小器官の消失、母性遺伝など、数々の証拠からミトコンドリアの誕生と謎について大胆に推理・論証してゆく。
生命は誕生以来、巧妙な細胞分裂や、進化を生み出す性の仕組みをつくりあげ、ミトコンドリア、葉緑体を得て、地球を覆う多様な生命の諸相を出現させたのである。
闘う生物学者の半生をかけて、生命誌はいま書き換えられる。
第1章 分子から生命へ
第2章 ミトコンドリアの祖先の誕生
第3章 宿主真核生物は何か
第4章 原生生物細胞へ入り込んだエネルギー発電所
第5章 植物のミトコンドリアからの手紙
第6章 菌類へ侵入したミトコンドリア
第7章 ミトコンドリアで辿る動物細胞の進化
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP