テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「声」の国民国家・日本
兵藤裕己著
-- 日本放送出版協会, 2000.11 , 254p. -- (NHKブックス ; 900)
ISBN : 新<9784140019009> , 旧<414001900X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本が近代国家としてスタートするにあたり、天皇を親とする"日本人"の民族意識を形作ったのは、近代的な法制度や統治機構などではなく、浪花節芸人の発する"声"だった。
浪花節の"声"という視点に立ち、近代日本の成立を問い直す問題の書。
序章 声と日本近代
第1章 貧民窟の芸人
第2章 演説・大道芸・浪花節
第3章 声の伝播、物語の流通
第4章 講談速記本から浪花節へ
第5章 「家族(ファミリー)」のモラルと法制度
第6章 物語としての国民
第7章 桃中軒雲右衛門の声
第8章 日本近代の解体
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP