テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
燃料電池とは何か : 水素エネルギーが拓く新世紀
清水和夫, 平田賢著
-- 日本放送出版協会 , 2000 , 230p, 図版1枚. -- (NHKブックス ; 905)
ISBN : 新<9784140019054> , 旧<4140019050>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
燃料電池とは、水素と酸素を結合させて発電する装置。
電気自動車用として開発が加速し、家庭用のコージェネレーション機として爆発的普及が予想される。
排ガスは水だけ、水素を作り出す資源は天然ガスであり、採掘可能な埋蔵量は500年以上、メタンハイドレートも含めれば、千年以上も供給可能。
必要なときに必要なだけ発電し、余った電力は水素として貯蔵する。
節電効果も高く、しかもエネルギー効率は理論上100%に近い。
燃料電池の開発の現場から、「エネルギーの民主化」に向けて、大きく胎動する世界の最前線をレポートする。
第1部 それはクルマからはじまった(第三のエネルギー革命が始まる—なぜ燃料電池が待望されているのか;燃料電池のメカニズム;各国の環境問題への対応;どのメーカーが二一世紀へ一番乗りか;水素の時代の夜明け—燃料電池に移行する前段階に;水素は何から取り出すか)
第2部 燃料電池が社会を変革する(定置型燃料電池が変える二一世紀の生活;アジアを結ぶパイプライン—二一世紀のエネルギー供給計画として;エネルギー革命の予感)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP