テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「性感染症」常識のウソ
林義人著
-- 日本放送出版協会, 2006.7, 220p. -- (生活人新書 ; 186)
ISBN : 新<9784140881866> , 旧<4140881860>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「感染したら症状が出るはず」「症状が消えたからもう薬はいらない」「抗生物質を使ったから治った」「コンドームさえ着用すれば無事」などなど、従来の「常識」には盲点が多い。
基本的な知識を身につけ、確実な予防と治療に取り組むことを啓蒙する書。
第1章 性情報—常識のウソ(小学生にセックスがわかるはずがない;性教育は学校に任せておけばよい ほか)
第2章 性感染症知識—常識のウソ(性感染症とは性病のことだ;世界中で性感染症は増え続けている ほか)
第3章 性感染症予防—常識のウソ(愛のあるセックスなら病気の危険はない;膣外射精で感染は予防できる ほか)
第4章 医者に行く前に知っておきたい—常識のウソ(かつて少子化=環境ホルモン原因説;シロウトには病気かどうかチェックなどできない ほか)
第5章 診断と治療—常識のウソ(「性器クラミジア感染症」たいした病気ではない;「性器ヘルペス」病原ウイルスは感染場所により二タイプ ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP