テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
子どもが出会う犯罪と暴力 : 防犯対策の幻想
森田ゆり著
-- 日本放送出版協会, 2006.9, 222p. -- (生活人新書 ; 191)
ISBN : 新<9784140881910> , 旧<4140881917>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「子どもを守る」を合言葉に広がる防犯対策。
その主眼は路上に現れる「不審者」に向けられている。
しかし現実に子どもが出会う犯罪や暴力は、路上ではなく圧倒的に屋内が多く、家族やよく知る大人たちからのものだ。
著者は、多年にわたり育ててきたCAP(子どもへの虐待防止)プログラムなどの実践から得た知見に基づき、マスメディアが煽る不安の錯誤を暴き、さらには子どもに安心と自信をもたらす実効策を明らかにする。
第1章 不安の組織化が進んでいる
第2章 まちがいだらけの防犯対策
第3章 子どもが出会う性犯罪の実態
第4章 子どもは様々な暴力にさらされている
第5章 効果的な子どもの安心・安全対策
第6章 不安を勇気に転じるCAPの役割
第7章 危機管理の基本はコミュニケーション
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP