テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
新型インフルエンザはなぜ恐ろしいのか
押谷仁, 虫明英樹著
-- 日本放送出版協会, 2009.9, 197p. -- (生活人新書 ; 301)
ISBN : 新<9784140883013> , 旧<4140883014>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
世界中で増え続ける感染者。
しかし、この流行が1997年に起きていたならば、被害は今日のような数では済まなかった。
私たちはウイルスに対して何ができるのか。
このウイルスから人類は何を学ぶべきなのか?
新型インフルエンザの現場の最前線に立つ2人が問題の深部を解き明かす。
第1章 今、何が起きているのか?(この状況を歴史的にどう捉えるのか)
第2章 2009年パンデミックの始まり(「感染」の第一報
情報収集
メキシコの状況を把握する
WHOのフェーズ引き上げと滑降の思惑
「6」を阻止しようとした日本とイギリス
WHO警戒レベルの問題点)
第3章 日本の行動計画の問題点(日本の対応をどう見たか?
日本の行動計画の問題点
過去のパンデミックとは全く異なる流行パターン
ワクチンの問題)
第4章 日本は今、何をすべきか?(国内感染拡大で懸念される事態
明らかになりつつある新型ウイルスの正体
重症化と年齢の関係
日米、政府の対応の違い
「1万人」の意味
人工呼吸器は足りているのか
私たちが備えるべきこと
「封じ込め」の是非)
第5章 各国の対応と途上国へのまなざし(本格化する各国の対応
途上国の問題
他者へのまなざし)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP