テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
紛争屋の外交論 : ニッポンの出口戦略
伊勢崎賢治著
-- NHK出版, 2011.3, 242p. -- (NHK出版新書 ; 344)
ISBN : 新<9784140883440> , 旧<4140883448>
 
関連書籍を探す
日米安保体制と憲法九条という矛盾に守られ、「平和」を享受してきたニッポンは、思考停止のツケが込み、外交オンチに成り果てた―。出口に見える光芒は、軋轢を絆に変える、新しい平和構築のパラダイムだ。世界の紛争現場で政治家や軍閥と渡り合った交渉人が、普天間、拉致問題、領土問題等、膠着した外交課題の打開策を壮大に論じる。宮台真司氏との特別対談も収載。
第1章 紛争屋が見た「戦争と平和」(なぜ戦争はなくならないのか;ダイヤモンドにまみれた世界最貧国 ほか);
第2章 拉致問題と北朝鮮和解と人権のジレンマを乗り越える(もっとも緊急でもっとも重要な課題・拉致問題;特異な人権侵害事件としての拉致問題 ほか);
第3章 沖縄「独立」論―差別を逆手にとり日米を動かせ(安全保障問題と差別問題との交錯;基地とともに生きる島・沖縄 ほか);
第4章 日米同盟vs九条と自衛隊―外交をダメにする思考停止(そしてみんな「保守」になった;アメリカの「PRクライシス」 ほか);
特別対談 伊勢崎賢治×宮台真司(ソフトボーダー平和が儲かる出口戦略;なぜ今「ソフトボーダー」か~対談の前に ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP