テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本の魚は大丈夫か : 漁業は三陸から生まれ変わる
勝川俊雄著
-- 日本放送出版協会, 2011.9, 221p. -- (NHK出版新書 ; 360)
ISBN : 新<9784140883600> , 旧<414088360X>
 
関連書籍を探す
資源枯渇と魚価安で、衰退の一途を辿る日本の漁業。既得権でがんじがらめの「水産ムラ」にいまメスを入れなければ、漁業者の暮らしは救われず、食卓から国産の魚が消える日も近いだろう。しかし、適切な資源管理と健全な組合経営で、日本は世界有数の豊かな漁業と海と食卓を取り戻せる-。改革派の旗手が三陸復興へ思いを込めて描く、持続的で儲かる漁業の未来図。魚の放射能汚染についても解説。
序 いま漁業を改革しなければ、日本の魚は食べられなくなる
第1章 三陸漁業者はいま-変わり果てた海を前に
第2章 花形産業から斜陽産業へ-日本漁業の近代史
第3章 儲かる漁業の方程式-先進国に学ぶ改革モデル
第4章 漁業は自己改革できるか-デタラメ経営との決別
第5章 新しい水産モデルを三陸から-産業とコミュニティ再生への提言
第6章 水産物の放射能汚染について最低限知っておきたいこと
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP