テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
終末の思想
野坂昭如著
-- 日本放送出版協会, 2013.3, 184p. -- (NHK出版新書 ; 398)
ISBN : 新<9784140883983> , 旧<4140883987>
 
関連書籍を探す
経済が上向けば、万事好調を装う日本社会。しかし、その先には幾重にも闇が広がっている。食と農を疎かにし、物を崇め、原子力エネルギーに突っ走り…負の部分を見ずに、すべてツケを先送りしてきた、その当然の報いが待ち受けている。ならば、いかに滅ぶべきか、死ぬべきか―敗戦の焼け野原から、戦後日本を見続けてきた作家が、自らの世代の責任を込めて、この国が自滅の道を行き尽くすしかないことを説く。著者渾身の一冊。
第1章 この世はもうすぐお終いだ;
第2章 食とともに人間は滅びる;
第3章 これから起きるのは、農の復讐である;
第4章 すべての物に別れを告げよ;
第5章 また原発事故は起こる;
第6章 滅びの予兆はあった;
第7章 上手に死ぬことを考える;
第8章 安楽死は最高の老人福祉である;
第9章 日本にお悔やみを申し上げる
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP